気管支炎は抗生物質のフロモックスを3日間服用したら治ります。

No Comments

セフェム系抗生物質のフロモックス。

フロモックスは各種の細菌によって引き起こされた感染症の治療に使われる薬。

フロモックスによって私の父は何度も救われて来ました。

父は肺が弱く、昔からずいぶんと風邪、気管支炎などにかかることが多かったのです。

気管支炎の症状はコンコンと軽い咳から始まり、またいつもの風邪かなと思っていると声を出すといつの間にかガラガラ声に変わっていました。

そして食欲は無くなるは体がふらつくはで、本人は大丈夫というものの体温計で熱を測って見ると37度少し超えている。

慌てて近くにあるお医者さんに連れて行き、問診票に色々と記入。

血圧、体温測定後先生に診て頂くと念のためにレントゲン検査血液検査をしていただき、点滴をしてくださり、あの『フロモックス』を他の消炎鎮痛剤を処方して下さいました。

「三日間飲んでまたきてください。

レントゲンでは大丈夫そうです。」。

家にもどり食後に少しピンク色のフロモックスと消炎解熱剤を飲んで、(一日朝昼夕食後三回)水分とあっさりした体にやさしいお粥を食べてもらいそして安静休養していると少しずつ気管支炎の症状が軽くなってきた感じ。

このフロモックスは嫌な味はしないようです。

中にはフロモックスの副作用で下痢をしてしまう方がたまにいらっしゃるそうですが、父は3日間、フロモックスを飲んで全くそのようなことが有りませんでした。

また3日たって先生に診て頂くと「まだ少し喉が赤いですし、CRPの値がほんの少し高い(肺炎、気管支炎など炎症をみる目安だそうで)のでもう少しフロモックスと解熱剤飲んでください。」

更に3日間、フロモックスを飲んでいるとだんだんと気管支炎の症状が良くなっていくのが分かります。

そして睡眠水分栄養をとって安静にしていると熱はすっかり下がり、咳も(他の咳をおさめたり、タンをだし易くするお薬も出して下さいました。)おさまって思っていたより速く治ってくれました。

こんな経験この10年くらいで何度もありました。

有難う。

フロモックス!

(大阪府  父は働き者さん)

フロモックスは市販されていませんが、
こちらのサイトから購入することができます。
↓↓↓↓↓↓
http://xn--pckua2a1e1c3cy568b380d.xyz/




たんぽぽコーヒーを妊娠前から飲んでいました

No Comments

たんぽぽコーヒーを飲んでいる理由は、

実は、私は今まで自分の健康の事をあまり考えた事はありませんでした。

結婚したら、普通に妊娠して子供も産めるだろうと簡単に考えてました。

結婚後も、仕事を続け、自宅から電車で一時間かかる職場へ通勤、時期は夏で電車の中は体が冷えるほど、冷房がきいていました。

仕事の休憩時の飲み物は、コーヒーや冷たいお茶などを飲んでいました。

そんな中、待望の妊娠をし、産休ギリギリまで働く気で張り切っていましたが、6週目で残念ながら、流産してしまいその後、仕事を辞めた後の妊娠でも10週目で流産してしまいました。

病院の医師からも、ちゃんと生理がきているのか、排卵はあるのか、体は冷え性ではないかなど色々きかれました。

次の妊娠を最後にダメなら子供を諦める覚悟で、自分の健康管理をする事から始めました。

何が良いのかを色々とネットなどで調べそのなかで、であった一つがたんぽぽコーヒーでした。

たんぽぽコーヒーには、冷え性の改善や排卵を助けてくれる効果も期待できるそうなので、今まで飲んでいたコーヒーや冷たいお茶をやめ、たんぽぽコーヒーを飲むようにしました。

ネットの通販などで色々な商品を比較したところ、私は、手頃な値段安心できるティーライフのたんぽぽコーヒーにしました。

嬉しい事に、たんぽぽコーヒーはノンカフェインで妊娠中でも、産後のママでも安心して飲めるのです。

味は、私の個人的感想ですが凄く香ばしい麦茶のような味でした。

飲むと、体が芯から温まるような感じもしました。

たんぽぽ茶と食事の見直しなどを二ヶ月ほど続け、三度目の挑戦で無事妊娠、出産へと繋がりました。

ただ、途中つわりが酷くたんぽぽコーヒーを飲めない時期もあったのですが、母乳の出方にもたんぽぽコーヒーが良いと聞いていたので、つわりが落ち着いてからまた飲むようになりました。

胸の張りかたがあまり痛くなく楽だったように感じました。

妊娠に関わらず、冷え性の方にもおすすめだと思います。

(北海道 りえさん)